舌下免疫療法に関して
スギ舌下 ダニ舌下免疫療法 ともに、アレルゲンの確認できる血液検査のデータをお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は当院で血液検査させていただきます(結果1週間程度お時間いただきます)。舌下免疫療法 初回には 副反応の有無の確認のため、舌下後院内で30分待機していただきます。初回舌下後1週間後、さらに増量のためその1週間後にご来院いただきます。その後はほぼ1か月に1度の本人様のご来院が必要です。(ダニ舌下錠(シダキュア)は2019年4月末までは2週間に1度のご来院が必要です(発売1年経過していないため))。シダトレン舌下液(要冷蔵)は1か月に1度で大丈夫です)


ダニ舌下免疫療法
5歳以上(小児でも舌下免疫療法可能となりました) 4〜5年 本人様による 1か月に1回の来院が必要です。(2019年4月末までは2週間に1度の来院。)
ダニ舌下エキスの 4〜5年の 毎日の 舌下投与の自己管理ができる方 ご来院ください
12歳以上であれば 本人様による 1か月に1回の来院で大丈夫です。


スギ舌下免疫療法
スギ舌下免疫療法継続中の方は 1か月に1度の来院をつづけて、舌下と 記録 続けてください

新たに スギ 舌下免疫療法をご希望の患者様 ご来院ください。(1月になりますとスギ花粉飛散開始直前での新規開始できません。)

スギ舌下免疫療法:5歳以上 11歳以下 1年間は2週間に1回の来院が必要です。常温保存の舌下錠
 :12歳以上64歳以下 冷蔵の舌下液 3-5年間 本人様による 1か月に一度 の来院が 必要です。 スギ花粉エキス の 3年間 毎日の舌下投薬の 自己管理が続けられる方 6-11月にまずご来院ください。お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
舌下免疫療法については   トリ―さん ☜検索  鳥居薬品様 の 製品説明ホームページへ http://www.torii-alg.jp/


睡眠時無呼吸の検査
睡眠時無呼吸症候群とは10秒以上続く換気の停止(無呼吸)が7時間の睡眠中に30回以上繰り返される病態、あるいは睡眠1時間当たりに起きる無呼吸の回数(無呼吸指数)が5以上の場合と定義されています。
眠っている間の口や鼻の呼吸、血液の酸素の濃度(酸素飽和度)を家庭で調べることが可能です。


免疫療法(減感作療法  ダニ 舌下5歳以上64歳以下 スギ舌下 12歳以上64歳以下 あるいは 皮下注射 6歳以上)
◎通年制のダニによるアレルギー性鼻炎に対するアレルゲン免疫療法(減感作療法)を行っております。 5歳以上は 自宅で舌下免疫療法として ヤケヒョウヒダニ コナヒョウヒダニに対する免疫療法が可能です。6歳以上は 皮下注射で免疫療法が可能です。

◎スギ花粉のアレルゲン免疫療法(減感作療法)も可能です。ご希望の方はお気軽にご相談を。
  12歳以上は 自宅で舌下免疫療法として スギ に対する免疫療法が可能です。
   6歳以上は 皮下注射で免疫療法が可能です。
 新たに治療を始められる方は スギの飛散が終了してから来シーズンに向けて、
  遅くても10月から開始していただき スギ花粉シーズンを迎えるように予定しております。